サラ金 モビット

サラ金はネットとの親和性で選ぼう!モビットなどは操作も楽々!

サラ金の選び方

一昔前で言えばサラ金っていうのは、お世辞にも選ぶのは考えものとされていました。ちょうど私が働き始めた頃には日本はバブルで沸き立っていたのでみんな借り入れを使っていましたが、今ではお金を借りるどころか、お金を使わないのが当たり前になりましたね。あまり贅沢をしていなかったので私はそこまで困っていませんが、やっぱり早く景気が回復してほしいです。

困っていないとは書きましたが、やっぱり時には急にお金は必要になるものです。普段は問題なくても冠婚葬祭や慰安会、急な病気や子供の進学などが重なる事があれば、やっぱり普段の給与だけでは厳しいものがあります。ましてや今はバブルでは無く不景気なので、給料増加の見込みも薄いですしね。

そこでお金を借りる為にサラ金に頼る事にしました。サラ金というと昔こそあまり良い印象はありませんでしたが、今では銀行よりも素早く借りられる、何かと便利な金融業者です。ヤミ金と違って安心して使えます。

ただ、選ぶ基準が多いのが困りものです。ただ単にお金を借りるだけならどこでも同じかもしれませんが、やはりお得に借りたいのは当然ですし、独自のサービスも考えれば選ぶ箇所が多すぎて、なかなか理想のサラ金業者が見つかりません。

インターネット系のサラ金が便利

そこで私は普段から使っているインターネットにて便利に使える、所謂インターネット系のサラ金にする事にしました。インターネットの親和性が高いサラ金と言えばモビットなどが有名で、もちろんそれ以外の業者もインターネットへの進出は盛んですよね。

以上の点と金利などの基本的な条件も踏まえてインターネット系のサラ金を利用してみましたが、これが便利です。まず申し込みからインターネットで行えるので、このおかげでわざわざどこかに出かける必要もありません。

そして明細もインターネット上で見る事が出来て、プリンターで印刷すれば紙でも確認する事ができます。インターネットに対応しているサラ金というのは、ここまで便利になるものなんですね。

さすがに融資を受けるにはATMに行かないと行けませんが、コンビニATMに対応しているサラ金も非常に多いので、ATM探しで困る事もありません。もしも旅行先でお金に困っても使えるというのは、サラ金の強みですよね。

サラ金と聞いただけで身構える方も多いですが、ネットやテレビで宣伝している業者はほとんど安心です。有名どころを利用すれば、サラ金というのはとても便利です。

高齢者の方は、消費者金融における年齢制限に気をつけて下さい

消費者金融は、利用者の返済能力を担保にお金を貸していると言えます。したがって、未成年者は勿論のこと、今後の返済能力に欠けると考えられるので、「60歳以下、もしくは65歳以下」を年齢制限として挙げている場合が多いです。定年を迎えても何かしらの方法で収入を得ている方も居るかと思いますが、一般的に考えると、定年後の収入は年金のみという方が多いです。そして、今は元気でも、これから長い年月をかけて返済を進めていくには不安もある年齢です。

どうしても今まとまったお金が必要だという高齢者の方の場合、年金担保ローンというものがあります。まとまった額を手に入れる代わりに、毎月入る年金が自動的に差し引かれて返済が進むシステムです。また、年金に限らず、土地や建物などの不動産などをお持ちであれば、担保ローンは年齢制限なくご利用できることが多いです。そうしたサービスを探してご利用になると良いでしょう。

年金担保ローンや、現在住んでいる持ち家を担保にするようなローンは、今どうしてもお金が要るのっぴきならない事情がない限り、おすすめできません。これから自分がいくつまで生きるのか、事故や病気はないのか、なんて誰も予想することはできません。とある大金持ちのおじいさんが、自分はたぶん後10年も経てば死ぬだろう、と考えて「それなら遊べるだけ遊ぶぞ!」と自分のお金を使い切るまで遊んだのですが、お金を使い切ってから20年も生きていたというような本当のお話もあります。あまり無茶なお金の使い方はしたくないものです。

サラ金との契約が郵便物で家族にばれたら……と心配している人へ

Public profile page here . click . http://cleanse9.nation2.com/ . texas electric company rates . rural internet

手元にまとまったお金が必要になったので、サラ金と契約したい。でも、勤務先や家族にはばれないようにこっそり出来るのだろうか。電話や郵便物でばれることはないのだろうか。そんな不安を抱えている人のために、今回は、サラ金からの電話や郵便物についてお話をします。

大手サラ金は、厳しい法の拘束のもとに置かれています。悪質な取り立ては厳しく取り締まられ、また悪いイメージが拡散してしまうとお客様も来なくなってしまいます。したがって、きちんと返済し、多少返済が遅れたときも常識の範囲内で対応している限り、常に利用者の都合を優先したやりとりをしてくれます。たとえば、契約の際の勤務先への在籍確認も、電話をかけてほしくない旨を伝えて所定の書類を用意すれば、免除してくれるところがほとんどです。ダイレクトメールや利用状況が郵便で送られてくることもありません。利用状況なども、インターネット上で利用者が見たいときにチェックできる仕様になっています。

したがって、気をつけなければならないのは「返済期限を守ること」です。数日の延滞であれば自分の携帯に電話が一回入ってくるだけで済むでしょう。その段階で払えるならその日の内にすぐ払う、万が一その日すぐには払えないならその旨をきちんと相談して、いつ払えるかを責任持って伝える。それが出来れば自宅や勤務先に電話や郵便物が来る心配はありません。ただし、それ以上延滞すると、自宅や勤務先にも電話がかかってきたり請求書が届くようになります。ただ、電話での名乗りは個人名ですし、請求書も社名入りの封筒で来ることはありません。詮索しないご家族や同僚であれば、サラ金からの電話だとはっきり知られることはないでしょう。カードローン審査緩い

ただし、それらの段階も無視してしまうと家に訪問がある可能性も出てきますし、どうしても払わなければ最終的には法的手段に訴えられます。そうなると家族や勤務先にばれる、ばれないもありません。

まとめると、「大手サラ金の場合、延滞さえしなければ、勤務先や家族に借り入れがばれる可能性はない」ということになります。というわけで、ご利用は計画的に。

生活保護を受けている状態でも消費者金融と契約できるのか

生活保護を受けている状態で消費者金融と契約出来るのか、ということですが、大手消費者金融では恐らく貸してもらえません。生活保護というのは、世帯の収入が最低生活費に満たない場合に、「最低生活費-収入」の差額を補助してもらえるという制度です。この状態では、お金を借りたところで返済能力がありません。最低限の生活を削って返済することが可能だ! と言って消費者金融側に受け入れてもらえることはないでしょう。

しかし、お金を借りることが絶対的に禁止されているわけではないので、借りることが全く不可能なわけではありません。大手消費者金融の取りこぼした顧客層を狙う中小消費者金融であれば、借り入れが可能かもしれません。しかし、自力でこうした業者を探そうとすると思わぬ詐欺に引っかかってしまうことがないとも言えません。また、借り入れできてしまった場合に、借り入れする能力があるのならと生活保護の支給が止まってしまう可能性も大いにあります。したがって、生活保護を受けている状態での消費者金融との契約はたとえ可能であるにしろおすすめは出来ません。

生活保護を受けることができるのは、不幸な環境だからこそかもしれませんが、恵まれているとも言えます。返す必要がないお金で生活させてもらっているのですから。お金を稼ぐ方法は選ばなければ幅広くあります。消費者金融との契約は、何とか方法を見つけてお金を稼いで、経済的に自立できたときまでとっておきましょう。また、その頃には消費者金融と契約する必要性もなくなっているかもしれません。

サラ金の返済が間に合わなかったら嫌がらせされるのですか?

何十通もの脅迫じみた催告の手紙。夜中も明け方も鳴り止まない電話。近所迷惑なぐらいドアを叩いて、払うまで帰らないぞと家に居座られる……。テレビなどの影響で、サラ金と聞くと、そのようなイメージが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。実は、こうしたイメージが大げさではない時代もありました。1970年代から1980年代にかけてがそうです。サラ金地獄、という言葉も生まれました。まだ、その後1990年代にはバブルの崩壊により生活苦に陥る人がサラ金を利用するようになり、結果としてトラブルも増え、大きな社会問題となりました。

2000年に入ってから事態は大きく変動しました。大きな社会問題と化した貸金業者の在り方を見直そうと、法律での取り締まりがどんどん厳しくなっていきました。結果として、現在CMで馴染みがあるようないくつかの大手消費者金融が生き残り、経営は健全化しました。しかし、ここでもまた問題が起こります。経営が健全化した大手消費者金融が取りこぼす、返済能力の不安定な顧客層を狙う不法業者が現れたのです。そう、闇金です。銀行か、大手消費者金融か、それがだめなら闇金か。今も闇金を撲滅することは叶わず、そうした業者と金銭トラブルに陥る人は後を絶ちません。

返済が間に合わないと嫌がらせを受けるというイメージは、悪質な取り立てをしていた時代のサラ金と、現在も跋扈する闇金によって形作られたものです。現在の経営が健全化した大手消費者金融では、返済が遅れたからといって嫌がらせを受けるようなことはありません。ただし、返済しない債務者に対しては断固とした法的手段がとられるようにはなりました。どちらにせよ、きちんと契約内容を理解して返済計画を立てられる方ならば、嫌がらせを恐れる必要はありません。

消費者金融の審査で勤務先に電話がかかってくると困るという方へ

消費者金融に申し込みたいけど、出来れば勤務先にはばれたくない。だから、審査のとき、勤務先に電話がかかってくるのはなるべく避けたいんだけど、これって可能? そんな疑問を持たれる方も多いでしょうが、実際のところはどうなのでしょうか。

記載された情報と契約を申し込んだ本人が同一人物なのかを確かめるために、消費者金融から電話がかかってきます。こうした電話では、「山田と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」などという形で、消費者金融からかけてきていることがわからないように苗字のみ名乗るようにしてくれます。電話を受けた人の勘が鋭ければ、何となくお金関係かな、と察しがつくこともあるかもしれませんが、銀行でも消費者金融でも、住宅ローンでも教育ローンでも同様の在籍確認が行われます。余程、勤務先に悟られたくない! というような事情がなければ、こうした電話に身構える必要はないでしょう。

それでもどうしても勤務先への電話は避けてほしい、という場合、大手の消費者金融であれば、勤務先が確認できる書類を用意することで免除してもらえます。この場合は審査に少し余計な時間を要してしまいますが、配慮してもらえないことはありませんので、安心して下さい。

消費者金融は、現在非常に厳しい法の拘束の元に置かれています。顧客には非常に丁寧に応対しなければなりませんし、またそれが出来なければ生き残れません。そのおかげで、電話についても非常に繊細に対応してもらうことができます。何か困ったことがあれば、安心して窓口に相談してみて下さい。

借りたお金の返済が間に合わなかったら給与差し押さえになるの?

クレジットカードやキャッシュカード、いつでも欲しいものが手に入れられて便利ですが、きちんと返済計画を立てずに利用してしまうとあっという間に返済額は膨れ上がってしまいます。では、そうやって膨れ上がった返済が間に合わなかったら、給与差し押さえになるの? と、不安に感じられる方も居るかと思いますが、結論から言うと、差し押さえになることもあります。

ただし、返済が少し滞ったぐらいですぐに給与差し押さえになることはありません。給与差し押さえの対象となるのは、返済能力があるにも関わらず何週間、何か月と延滞し、揚句折り返しの連絡も寄越さないような、相当に悪質な延滞者のみです。というのも、給与差し押さえは法的な手続きを踏んだ強制執行となるので、単なる取り立てとは違って非常に手間がかかります。ちょっとだらしないぐらいの延滞者にいちいち給与差し押さえの手続きを踏むには、時間もお金ももったいないのです。

消費者金融は非常に法の拘束が厳しい業界です。よくテレビで脅迫電話や居座りなどの悪質な取り立てのイメージ映像が流れることがありますが、あれは一部の悪徳業者や、闇金と呼ばれる非合法業者のやることです。大手消費者金融は、延滞者相手であっても夜9時以降に電話をかけることすら許されていませんし、居座りなどはもってのほかです。

したがって、常識の範囲で借り入れをしている場合には、多少返済が遅れたぐらいで給与差し押さえの心配をする必要はありません。とはいえ、借りたものはきちんと期限通りに返せるように、クレジットカードやキャッシュカードは計画的に利用しましょう。

警察官なのに消費者金融からお金を借りるというケースは少数です

警察官は消費者金融からお金を借りてはいけないとか、そもそも借り入れがあると警察官になれないとか聞いたことはないでしょうか。これらは学校の進路指導の先生なんかもうっかり口にしてしまうような噂ですが、実は何の根拠もありません。常識の範囲内の借り入れであれば、警察官だろうとその他の職業だろうと、不利になることはないのです。親に借金があるからなれないのでは? なんてもってのほかです。現在進行形で返済の目処の立たない多重債務を抱えているというのでもなければ、まず問題になりません。

では、警察官の方でも消費者金融を利用されている方は多いのでしょうか。実は、警察官が消費者金融を利用するケースは非常に少ないです。それは職務上ふさわしくないから「ではなく」、警察官専用の信用組合(警視庁職員信用組合、通称けいしん)というところがあり、そこからお金を借りる人が多いのです。住宅ローン、自動車ローン、教育ローンやその他生活資金まで、消費者金融に比べればはるかに安い金利で借り入れることができます。こうした組合があるのですからわざわざ消費者金融に借りる必要がありません。ちなみに、こちらの信用組合では、震災特例資金ということで被災された警察官の方向けに、更に低金利で融資をしています。

こうした支えもありますから、警察官というのはやはり安定した職業と言えるでしょう。自分や家族の借金の有無などで合格不合格が量られることはありませんから、志があれば受けてみるのも良いかもしれません。

貸金業者からお金を借りていた人が本人死亡になってしまった場合

お金を借りていた人が不慮の事態で死亡してしまった場合、残された家族は困惑すると思います。借り入れがあるのを知っていた場合はまだしも、お金を借りているなんて一言も聞いていなかったのに……という場合もあるかもしれません。そうした場合、ご家族には返済義務が生じるのでしょうか。

借り入れ先が誰もが知るような大手貸金業者であるならば、契約時に自動的に生命保険に加入しているので、残されたご家族による返済は不要となります。問い合わせてみると良いでしょう。比較的小規模な貸金業者では、生命保険に加入していないこともありますが、こうしたときは「相続放棄」によって返済義務を免れます。

相続放棄には注意点が三つあります。一つ目に、もし相続放棄してしまうと、遺産も相続できなくなること。相続放棄をすると、その人が持っていた財産から借金から全てを相続する権利を放棄することになります。その人の名義の貯蓄や家や車や土地、全て合わせると借金よりも多い、ということであれば、丸ごと相続して借金は借金で返済してしまった方が良いでしょう。二つ目に、相続放棄の手続きは本人の死亡から三ヶ月以内に行わないといけないということ。三ヶ月間放っておくと、単純承認といって、勝手に返済義務を受け入れたことになってしまいます。三つ目に、ご家族全員がそれぞれ相続放棄を行わなければならないということ。たとえば、家族のお父さんが借金を残して亡くなったとき、お母さんだけが相続放棄をし、成人している子供が三ヶ月間何もせず放置していた場合、その子供はお父さんの財産相続を単純承認してしまった形になります。

お金を借りていた人が死亡してしまった場合、基本的にご家族が返済する必要はありません。しかし、法的な手続きはややこしく、時間もかかるので、なるべく早めに信頼できる窓口で相談して下さいね。

消費者金融と銀行それぞれのメリット・デメリットを教えます

消費者金融も銀行も、お金を貸してくれるという点では一緒ですが、どうせなら自分にとってよりお得なところでお金を借りたいですよね。そこで、今回は、消費者金融と銀行を3つのポイントで比較してみました。皆さんの参考にしてみて下さい。

一つ目は、利息です。消費者金融と銀行ではどちらの方が利息が安いか、それは勿論銀行です。まとまった額を長期間借りる予定があるのならば、最終的な返済額は断然銀行の方がお得になります。広告の最低金利、最大金利のどちらの数字も、消費者金融に比べて銀行は小さい数字に収まっているのがお分かりでしょう。ちなみに、この金利の数字が安く、銀行の名称が入っている場合でも本当に銀行かどうかはチェックしておいて下さい。最近は、大手消費者金融とメガバンクが手を組んで、新たな「銀行系消費者金融」とでもいうべき会社を設立しています。

二つ目は、審査の利便性です。こちらは消費者金融に軍配が上がります。基本的に消費者金融と銀行では、銀行の方が審査が厳しく、通りにくいとされています。また、審査が厳しいゆえに、時間もかかります。消費者金融は審査のポイントを絞っているので、早く、通りやすくなっています。融資の申し込みを複数同時に進めることは避けた方が良いので、急いでいるときは消費者金融に絞って契約を勧めた方が良いでしょう。

三つ目は、短期間無金利サービスです。消費者金融の場合はまず契約してもらうことが課題となるので、初回なら一ヶ月間無金利サービスなどを行っているところが多いです。一度だけ借りたい、すぐに返すという場合は、審査の利便性も含めて、消費者金融の方が便利と言えるのではないでしょうか。

今回は消費者金融と銀行を3つのポイントで比較してみました。この他にも重視したい条件というのは人によって違うと思います。借りる前に比較検証してから、自分にとって一番便利なところで借り入れをすると良いでしょう。

貸金業者における限度額を増額してもらうにはどうすればよいか

貸金業者と契約してお金を借りられる状態にしたは良いものの、限度額が思ったより低く、自分が想定した額を借りられそうにない……。これは「総量規制」の原則を知らず、広告に表示された最大限度額をそのまま信じたために起こります。今回は、貸金業者による「限度額の設定の仕方」と「限度額を上げてもらう方法」について解説します。

「総量規制」についてはご存知の方も多いことでしょうが、簡単におさらいします。原則として、個人が無担保で現金を借りる場合、自分の年収の3分の1までの金額までしか借りることができません。いくつか例外はあるのですが、これが法で定められた限度額ということになります。したがって、貸金業者の広告で「最大限度額500万円!」と表示されていたとしても、本当に500万円借りるためには年収が1500万円ないといけません。したがって、ほとんどの方にとって広告の最大限度額は当てにならないのです。

さて、総量規制から法で定められた自分の限度額は算出できましたか。ここから貸金業者の審査によって、更に限度額は狭められていきます。初めてお金を借ります、という方にいきなり年収の3分の1を貸してくれるわけではありません。ある程度利用歴があり、毎回きちんと返済していればその分信頼が積み重なっているので、限度額を上げてくれる可能性が高まります。また、仕事内容によっても変わります。公務員など、収入が安定していると見なされる職業は有利に審査されますし、逆に自営業で経営が安定していない段階だと判断されると、不利な審査をされるでしょう。

なるべく限度額を高く設定してもらいたい場合は、契約の際窓口まで足を運び口頭で相談すること、きちんと収入証明を用意すること、そして時間に余裕があればあらかじめ返済実績をつけておくことをおすすめします。また、返済能力に自信があるなら銀行に足を運ぶのも良いでしょう。銀行は総量規制の対象ではないので、わけあって大きな額を借りたいときには相談に乗ってもらえます。

< Sitemap